40代女性の派遣社員が資格や副収入と転職を語るブログ

40代から挑戦できる副業や転職とは?未来を見据えて今から安定した収入を得るための準備です。未経験や初心者からでも始められる副業で稼げるようになりたい!スキルアップしながらの転職や週末の空き時間で収入を得られるようになるための方法やコツを考えよう♪

話題のテレワークという新しい働き方で安心を手に入れられる?

 

f:id:haken1000:20170725231820j:plain

7月24日に実施されたテレワークデイ

働く場所を指定せずに、パソコンなどの通信機器を使用して好きな場所で仕事をする勤務形態を朝の数時間の間実施されました。

 

テレワークでの働く場所は3種類に分けられていて、自宅や移動先、職場以外のオフィススペースなど、パソコンなどの通信機器を利用して業務を行います。

 

「新しい働き方」で、自分の経験やスキルを活かして収入を得る仕事を始める人も増え、働き方が変化してきています。

 

テレワークで一番のメリットがあるのは、会社に出勤するのが困難な場合

育児や介護で家を空けられない人、長期でお休みを取る必要がある人は場所を選ばす仕事が出来るのは望む勤務形態ではないだろうか。

 

他にも通勤時間が往復3時間以上かかっている人も多くいます。

私がお仕事している会社でも、最高で片道約2時間かかる人がいます。

テレワークならその通勤に使う2時間を業務に当てられるわけです。

 

今までは、育児や介護で仕事を続けていく事が困難な人が多くいましたが、テレワークという新しい働き方で将来の不安が安心に変わっていくのではないだろうか。

 

私もテレワークの勤務形態で働かせて欲しいと思っている1人です。

理由は、家族に看病が必要な時、そばにいたいからです。

在宅で仕事が出来るのであれば、家族のために時間も使えるし業務も行える。

 

自分の健康に気を使うことも出来るようになります。

年齢を重ねていくと、だんだん無理もきかなくなってきますよね。

 

現在の勤務形態である限り、仕事を優先しなければならない時が多くあります。

例えば、2週間ほどの入院が必要になった場合、緊急性がなければ先延ばしになりますよね。

 

仕事の進捗状況に左右されたり、代わりに業務を行ってくれる人が居なかったり、自分の体の状況に合わせて行動する事は基本出来ません。

 

派遣社員であれば、2週間もお休みするとなると契約の解除となる可能性も高くなるのではないでしょうか。

 

テレワークが可能であれば、100%の業務が出来なくても代わりがいない業務だけ遠隔で行なうことが出来るだけで、随分と違います。

 

それが出来るだけの通信機器は、現代には揃っています。

FAXがなくても、パソコンでPDFは受け取れますし、スカイプなどを使用してのテレビ電話で会議にも参加出来ます。

 

どうしてもオフィスに行く必要がある時のみ、オフィスに行く形を取れば交通費も浮きます(派遣社員だからですけど)

 

このような勤務形態になると、人間関係も純粋に仕事だけを行なう関係となり、仕事以外で受けるストレスは減るのではないかと考えます。

 

 

テレワークのデメリットでは、時間管理でしょう。

自由な働き方が出来る分、スケジュールは自分で管理していかなければなりません。

 

さらには、困った時に教えてくれる先輩もサボったら怒鳴ってくれる上司も近くにはいません。

 

けれど、ピンチはチャンスです!っとよく聞く言葉ですが、毎日の業務の中で自然と自己コントロール力が高まるような気がしてきますよね(*^^*)

 

時短や育休など少しずつ変化してきていますが、企業側にはまだまだ整えていかなければならない事情がたくさんあります。

セキュリティーの問題や、生産性の問題など課題はあります。

 

以前、会社の人にそれとなくテレワークの話をしたことがありますが、派遣社員の派遣先でのテレワークは環境が整っていなければ特に難しいようです・・・

 

それでも、この新しい働き方は働く私たちにとって良い環境になることに期待大です

(*^^*)