40代女性の派遣社員が資格や副収入と転職を語るブログ

40代から挑戦できる副業や転職とは?未来を見据えて今から安定した収入を得るための準備です。未経験や初心者からでも始められる副業で稼げるようになりたい!スキルアップしながらの転職や週末の空き時間で収入を得られるようになるための方法やコツを考えよう♪

何歳からでもチャレンジ出来る日本語を外国人に教える仕事

f:id:haken1000:20170803224928j:plain

 

海外からの訪問者が増えてきています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて東京都も「外国人おもてなし語学ボランティア」という育成講座を実施しています。

  

www.omotenashi-v.metro.tokyo.jp

 

街中で地図を手に道に迷って困っている人や、駅の改札で出られずに困っている人を多く見かけるようになり、話すきっかけも多くなりましたよね。

 

外国人おもてなし語学ボランディア」には無料で学び、参加することが出来るのですよ(*^^*)

 

「日本語教師」はプロで有給の職業になりますが、日本語教師アシスタントは無給のボランティア活動となります。

  

ボランティアであれば、収入はありませんが公民館の講座などでボランディアを募集していたりします。

 

ほとんどの場合、条件は教えた経験のある人とされていますが、場所によっては未経験でもOKとなっていることもあります。

 

日本へは旅行だけでなく、住んでいる人口も増えていますよね。

日本人で、英語が話せるようになりたいと思っている人も数多くいて、たくさんの人がTOEICを受けたり、スクールに通ったりしています。

 

英語が話せるようになったら楽しい!のと同じように、日本語も教えられるようになったら楽しさが増すと思いませんか?

 

ボランディアで日本語を教えている人には、英語が得意ではない人もいます。

日本語を教えることが出来るのであれば、英語は必須ではないのです。

 

理由は、学びたい人は必ずしも英語圏ではないからです。

あくまでも日本語で説明・教えることが必須事項であるため、誰にでもチャレンジ出来る環境があるのでしょう。

 

外国人が日本語で解らない・知りたいことは、文法を意識せずに話している私たちにとって、説明できない言葉だったりします。

 

例えば「に・が・は・を・へ」など、主語の後に続く助詞ですね。

その使い方やキーポイントを教えて欲しいと尋ねられることがあります。

 

「初めて会った人と最初に会話を交わしたい時の言葉は?」

「テキストにはない普通の会話(カジュアルな言葉)を知りたい!」

「人にぶつかられた時は相手になんていうの?」

など、ちょっと「ん?」っと考えてしまうような質問もあったりしますが、話しているととても楽しいです。

 

日本のことや日本語のことを伝えながら、外国人と交流できるのは自分にとってもプラスになりますし、あるいは言語交換が出来るかもしれませんよ(*^^*)

 

そんな楽しめる趣味とも言える日本語を外国人に教えるボランディアから、プロを目指してみるのもまた違う人生を経験することが出来るかもしれません。

  

日本語を教えるプロになるには「日本語教師」としての学びが必要

簡単ではないけれど、何歳からでも始められるとあって人気の「日本語教師」のお仕事です。

 

適正年齢は30代~40代と言われているようですが、実際に日本語教師養成講座で学んでいる人は20代方から60代のまで幅広い年齢増の方々が学んでいます。

 

日本語教師として就業するには、大学で専門知識を学び有している必要がありますが、日本語教師になるために必要な資格では学歴に対しての制限は設けられていません。

 

日本語を教える仕事を目指している人が受講する「日本語教師養成講座420時間」や日本語の教師として教育の知識や能力が十分なレベルまで達しているのかどうかを検定する「日本語教育能力検定試験」は大学を出ていなくても受けることが可能なのです(*^^*)

 

日本語教師になるための「国家資格」はなく、上記の「日本語教育能力検定試験」に合格しているか、または「日本語教師養成講座420時間」を修了しているかを必要とされ、合格と修了の両方を持っているのもさらに良いです。

 

日本語教師として仕事をするために求められるものが検定の合格か講座の修了なので、やはり日本語教師養成講座420時間の講座修了を選ぶ人が多く人気が高いです。

 

期間は概ね1年程。早いところでは最短で半年で修了出来るところもあります。

受講にかかる金額は通信講座で約20万程通学の平均では50万〜60万程です。

 

日本国内での仕事の採用には有利となる「日本語教育能力検定試験」と「日本語教師養成講座420時間」ですが、海外ではほぼ大卒が求人の条件事項となります。

 

日本人だから誰でも日本語を教えることができるだろうとも思われがちな仕事ですが、前述からわかるように文法に対しての深い知識はもちろんですが、日本の文化や風習、歴史なども交えて伝えていくことも大切で、非常に幅広い知識が必要なんです。

 

日本語教師という職業は日本の顔・日本の代表ですよね。

オリンピック選手と同じで、日本を代表して素晴らしさを伝えているのですから(*^^*)

 

日本語教師には知識の他に、貫禄も必要です。

だからこそ、人生経験を重ねている年齢からのチャレンジは良いのです!

 

日本語教師のプロとしての条件を満たしているのであれば、日本国内だけの活躍ではなく、海外で日本語の教育をしている国を訪れ、ネイティブスピーカーとしての発音や日本の文化などの情報を 提供することができます。

 

特に資格がなくても教えることはできるとあって、家事のスキマ時間を利用している主婦の方や、定年退職した人の第二の人生としての仕事だったりと幅広い年齢の方々が活躍出来る場でもあります。

 

趣味としてボランティアで経験させてくれるところから探してみると 今とは少し違う人生を経験することもできるかもしれませんよ(*^_^*)