40代女性の派遣社員が資格や副収入と転職を語るブログ

40代から挑戦できる副業や転職とは?未来を見据えて今から安定した収入を得るための準備です。未経験や初心者からでも始められる副業で稼げるようになりたい!スキルアップしながらの転職や週末の空き時間で収入を得られるようになるための方法やコツを考えよう♪

ネットビジネスの中でも簡単な「せどり」は副業になるの?

    f:id:haken1000:20170913155058j:plain

 

せどり」という言葉を聞いたことがあるという人は、まだまだ少ないですよね。

ネット副業などでよくリサーチしている人は必ず目にしている言葉ではありますが、副業自体考えなかった人にとっては初めて聞く言葉ではないでしょうか。

 

せどりの本質や仕組みを理解出来ると、副業の中でも簡単に始められるものだと感じられます。

 

せどりとは

せどりとは簡単に説明すると古本や中古のDVDなどを転売し、その分の利益を得ることをいいます。

 

本来は本やCDなどの知識が多く、背表紙も見ただけでレアなどの判断が出来る人が始めた商売になるため「背取り」と呼ばれていたそうです。

 

昔はレアか一般的な商品なのかを判断出来る人があまり存在していなかったため、専門的な知識が必要なビジネスだと言われていました。

 

しかしネット社会が主流になってきている世の中では簡単に物の価値を検索出来、オークションやフリマアプリなどを活用して簡単に転売できるようになっています。

 

そのうえ多くの人は、まず自分の家の中にある不必要なものから販売をするため、リスクが少ないという点もメリットです。

 

ただし、家の中に在庫をおいておかなければいけないデメリットや、売れた時に配送する手配なども自分でおこなわなければいけないこともあるため、一概にメリットだけを重視してはいけません。

 

デメリットも確認しておくことが大切

在庫を確保するためには、商品を入れておける部屋が必要で、つい先日も大量の本を後部座席と助手席に詰めるだけ詰め込んでいるバンを見かけました。

 

そのバンにあった本が、せどりのためなのか自分の趣味で集めているものかはわかりませんが、明らかに移動手段としての車ではなく物を入れるための箱となっているもので、在庫する商品の倉庫とも言えます。

 

倉庫がなければ倉庫代わりになるものが必要になるわけです。

 

転売する商品を見誤ってしまうと売れないまま在庫として残ってしまうこともあります。

 

その為、上手に売るためにも転売する商品の「流行り」や金額設定、商品の紹介文や写真写りなどに、気をつけて販売することが重要です。

 

またせどりでは仕入れる時間やパッキングの時間に加え、写真に紹介文とやることが沢山あり時間が必要になってきます。

 

本業が忙しくなると、せどり副業にかけられる時間が減少するため収入も減少し、モチベーションも下がりやすくなります。

 

アフィリエイトでも同じですが、モチベーションが下がるとやるきも起きず、収入が減っていきます。

お給料をもらっているわけではなく、自分の力でお金を稼ぎ出しているわけですから。

 

せどりを副業として成功させたいのなら、売る「商品」だけではなく、売り方にもこだわりを持ちましょう(*^^*)