40代女性の派遣社員が資格や副収入と転職を語るブログ

40代から挑戦できる副業や転職とは?未来を見据えて今から安定した収入を得るための準備です。未経験や初心者からでも始められる副業で稼げるようになりたい!スキルアップしながらの転職や週末の空き時間で収入を得られるようになるための方法やコツを考えよう♪

副業をするときにかかる税金と20万円の壁とは

    f:id:haken1000:20171028233825j:plain

 

派遣社員として働きながら副業を始めようと考えている人の中には、税金についても知っておく必要があります。

 

日本は所得を得たら納税をする義務があります。

副業も1年で20万以上の収入を得たら税金がかかりますので注意しましょう。

 

20万以下でも税金がかかるケースとは

実は副業として仕事をする上では、2年で20万円以下の収入でも税金が発生する場合があります。

 

それは本業も副業も所得の受け取り方が、給与所得になってしまっている場合です。

20万円という数字は、給与所得や退職所得以外の所得が20万以下であれば確定申告する必要がない、と定められています。

 

そのため副業であっても所得の受け取り方が給与所得に分類されている場合、たとえ20万円以下であっても確定申告をする必要があるのです。

 

ブログの収入でも申告が必要

ここで疑問に感じることは、ブログのような広告収入を得ている場合も確定申告が必要なのか、ですよね。

 

ブログの収入は、給与所得でも退職所得でもなく、雑所得に分類されることになります。

 

そのためきちんと収入と判断され、確定申告をする必要があるのです。

 

しかし気をつけるべきことは、雑所得は経費を指し引けるため必要経費を差し引いた金額が20万円以下であれば確定申告をする必要がなくなります。

 

なんだか少しややこしい感じなのですが、まとめると。

 

20万以下で確定申告する必要があるのは。

・給与所得や退職所得を得た時は1円でも確定申告が必要

・経費を差し引いた20万以上の雑費

 

20万以下でも確定申告する必要がないのは。

・給与所得以外や退職所得以外

・ 経費を差し引いた20万以下の雑費

 

レンタルサーバー代やドメインの取得代など、多くのものを経費とできるため、確定申告をする義務が発生しないことは多いです。

 

この20万円の壁は、あくまでも年末調整を行った会社員のみに適用される規定なので、会社員ではない人だと、どんなに金額が小さくても確定申告をしなければならないのです。

 

20万円の壁には様々な条件が隠されているのですね(・_・;)

本業だけしていたら、特に気にしていなかったと思うので、ずっと知り得なかったことなのかもしれません・・・